この極太ゴシックの日付が、「2015」となっていることに、時の流れというありきたりな感慨深さを、

自分が書かなければおそらく誰かが書く日記