読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠く離れた地で、家族の悲しみを受け止めた。

「でもね、その時はっきりと言われたんですよ。『パパが死んでも、ぜったいに泣かない』って(笑)」

自慢の家族である。

ヴァンフォーレ甲府を退任する城福浩監督を支えた、家族との絆 | いとうやまね