読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半年前まで大学生の稲垣祥は、「僕が大学(日体大)を卒業してまだ半年。大学生のレベルはわかっているつもりだし、今の大学生と(プロになった自分の)何かが違うとは思っていません。 【第94回天皇杯 2回戦 甲府 vs 明治大】プレビュー:天皇杯2回戦は難しくなる、その覚悟はできている甲府だが、中断前よりさらに上積みし、来週のJ1再開に繋げたい | J's GOALニュース | J's GOAL


ワールドカップ、日本戦とか面白そうな試合はサッカー好きの友達の家で一緒に観ている。おとといのアルゼンチン対オランダ戦は、友達の後輩と3人で観て、前日の夜は3人で飲んだんだけど、その後輩は稲垣翔と同じ日体大サッカー部で稲垣翔の一個上で一緒にボランチやったりしていたそうで、「あいつは使い続ければかならずやる男ですよ」と言っていた。

稲垣は結構出場機会を得ていて、良いパフォーマンスで今のところ結構評価が高い(俺及び俺の周りで)。一方、同期入団の下田北斗は、出場してもあまり目を見張るような活躍が出来ていなくて、周りでの評価は「とりあえずまだまだ保留」と言った感じ。

その後輩曰く「下田?知ってるに決まってるじゃないですか!長澤と下田、この2人があいつらの世代ではもうスーパースターですよ!」とのこと。

河本知ってる?」と聞いたら「え、かわもとあきひと?俺世代のスペシャルですよ!」

「ササショー?もう飛び抜けてレベルが俄然違かった」


明日は行けないけど来週は行くは、今月誕生日だから27年間頑張って一ヶ月半我慢した自分へのご褒美で飛行機チケット買ったは(新幹線より安くて深夜バスより高い)。